あの震災からもうすぐ二ヶ月になります。

避難場所の公園で津波を目撃して、みんなで全速力で高台に逃げました。
子ども達が多かったので、とにかく一生懸命走る、走る。
そのまま二週間の避難所生活を経て自宅に戻りました。
毎日の炊き出しも日常生活の一部になっています。

ほんの2時間前に自宅のガスが復旧し、今夜から家でお風呂に入れます。
まだまだ電気も水道も使えないお宅があるのに、我が家は幸せです。

この町で、自宅に住み家族でご飯を食べられることが奇跡と思い
毎日を過ごしています。
まぁ、外壁が崩れてしまい、半壊認定は受けましたが、何とか住める
ので、善しとしましょう。

現在お店は支援物資の倉庫となり、しばらくは営業できませんが、
東京のICHOに送るパンは焼けています。
東京の皆様、ぜひお店で私のパンをお召し上がり下さい。
わらくカフェは確実に復興への道を進んでいます。